Uber(ウーバー)の使い方は?白タクシーとの違いや日本の法律規制は大丈夫?

Sponsored Link

あなたはUberウーバー)というサービスをご存知ですか?

スマートフォンでタクシーを呼べる新サービスです。

と言っても電話ではなく、アプリで!

今回はこのUberの使い方白タクシーとの違い

また日本においてこのサービスは合法法律規制大丈夫なのか?

そういった点を検証してみたいと思います。

Uberとは?

Uber(ウーバー)という新しいサービスをご存知でしょうか?

簡単に言ってしまえば新しいタクシーやハイヤーの仕組みです。

UBER

出典:cdn.akhbaar24.com

このサービスを考案したのは、アメリカ人の…

  • トラビス・カラニックさん
  • ギャレット・キャンプさん

・2009年3月:アメリカ合衆国サンフランシスコで設立

・2013年11月:日本でトライアルサービス開始

・2014年8月:東京都内で本格的に配車サービス開始

・2015年2月:福岡市で「みんなのUber」テストを開始

・2015年10月:東北支援のための「UberRECYCLE」というチャリティーイベント開催

※みんなのUber⇒一般の人がマイカーで運送サービスを行う仕組み

Uberサービスの特徴

Uberサービスにはタクシーとは違った独特の特徴があります。

・専用アプリを使ってスマホで利用できる

・事前に目的地をメールで指示しておける

・クレジットカードを事前登録しておけば降車の際に車内での支払いが必要ない

・自分の乗車したい車種が選べる(レクサスやBMWといった高級車もあり)

・スマホ上の地図ソフトで後何分で到着するかが分かる

・領収書はメールで受け取れる

・利用者が運転手の評価を行える

・運転手もお客さんを評価することで双方の質の向上

・Uberドライバーに登録することで一般人が自家用車で配送業務が行え、お小遣い稼ぎが出来る

・一般のタクシーに比べて料金が割高

などなど、基本的にタクシーとは違います。

タクシーでは運転手と利用者の間でいろいろとトラブルもあるようですが、

・目的地はメールで依頼

・料金の支払はクレジットカードで自動引落し

・領収書もメール

となると・・・

お客さんは車に乗り込んでから降りるまで一言も運転手さんと会話しなくても済む事に…!

ちょっと味気ない気もしますが、言葉の行き違いなどによるトラブルはグッと少なくなりそうですね。

最大のメリットは料金の支払によるゴタゴタが解消できそうですね。

Uberの使い方は?

では具体的にUberを利用するにはどうしたら良いのでしょうか?

Uberの使い方

①あなたのスマートフォンに、専用アプリをダウンロード、インストールする

②名前、メールアドレス、支払いに使用するクレジットカード番号等の基本情報を入力する

③専用アプリを起動すると地図が表示される

④あなたが利用する場所(乗車したい場所)を地図上でタップしてピンを指す

⑤UberがGPS機能によって、一番近くにいるUber車の到着時間を表示する

⑥あなたは表示された車の中から、乗りたい車を選んで配車用依頼ボタンをタップする

⑦あなたのスマホ画面に依頼した車の種類、ナンバー、ドライバーの登録情報などが表示される

⑧移動中はアプリ上の地図に、車のアイコンがリアルタイムで表示される

⑨目的地に到着すると、事前に登録しておいたクレジットカードで決済も可能

⑩領収書が必要な場合は、別途メールで受け取れる

⑪利用した車の運転手の評価を行う(ドライバーも利用者の評価を行う)

上記が大まかなUberサービスの使い方の流れです。

一般人の運転手は、大丈夫?

配車の際の安全

  • ドライバーが確定すると、ドライバー名、写真、評価、車両のナンバーを確認可能
  • 迎えに来るドライバーの確認が、事前にできるシステム
  • 深夜の帰りになったとしても、路上で待つ必要がない
  • 配車予約時刻に、指定の場所に行くだけでOK
  • メンバー登録の際、ドライバーも乗客も第三者調査が入る為、双方で安心

乗車中の安全

  • 乗車中は、あなたのスマホの地図上にリアルタイムルートが表示
  • 目的地に向かっているかを確認しながら乗車可能
  • 遠回りしたり、過剰な料金を請求される心配が無い
  • あなたが、事前に優先ルートを指定する事も可能
  • 緊急時には、専門の訓練を受けたチームが24 時間体制で対応

乗車後のシステム

  • 車内に忘れ物をした場合は、ドライバーと連絡を取れる
  • 利用者と運転手の双方がお互いの評価をする仕組み
  • 乗車ごとにドライバーの評価と匿名のフィードバックする
  • 評価システムにより、高水準の乗車環境が育てられてる

UBER

出典:nawonas.com

 

タクシーと白タクの違い

Sponsored Link

  • タクシー(ハイヤー)

道路運送法による「一般乗用旅客自動車運送事業」として認可された緑地に白文字の営業ナンバーをつけた車両です。

  • 白タクシー

一般の自家用乗用車と同じ白地に緑文字のナンバープレートを付けた車両です。

このナンバープレートを付けた車両で料金を取ってお客さんを運ぶ車両を白タクシー(略して白タク)と呼びます。⇒無許可、無資格であるために違法です。

また、お客さんとのトラブルも非常に多いようです。

ナンバーの違い

出典:www.jta.or.jp

白タクとUberの違い

Uberには…

  • Uberは通常の緑ナンバーのタクシー(ハイヤー)
  • 個人の自家用車(白ナンバー)

上で説明した車両が混、在で登録されています。

そのため白ナンバー車両はあくまで白タクとみなされてますが…

・GPS機能でリアルタイムに現在位置が分かるなど犯罪に巻き込まれる可能性が非常に少ない。

・クレジット決済なので料金の支払によるトラブルに巻き込まれることが少ない

・双方評価システムで評価の低い運転手を回避できる

等のシステムにより、無許可の白タクシーに比べると安全面では格段に安心なようです。

日本の法律規制では大丈夫?

Uberの白ナンバーの車両は、日本では合法なのでしょうか…?

答えは今のところNGです。

2013年11月 Uberサービス日本上陸

  • 2014年8月から東京23区全域でタクシーの配車サービスが展開
    日本では緑ナンバーのタクシーの配車に留まる
  • 2015年2月「みんなのUber」試験的に開始
    福岡市で個人の自家用車(白ナンバー)で試験的に運送サービスが実施

Uber

出典:techcrunchjp

  • 2015年3月「みんなのUber」中止
    国土交通省から「自家用車による運送サービスは白タク行為に当たる」と指導が入り1ヶ月で中止

残念ながら現時点では、Uberであっても白タクシー行為は、日本の法律規制に違反している為、許可されないようです。

Uberの今後…

  • 2019年 ラグビーワールドカップ開催
  • 2020年 東京オリンピック開催

これらのBIGイベントを見据え、外国人観光客の移送の利便性向上も一つの大きな課題になっているようです!

またそれらの観光客誘致は首都圏だけにはとどまりません。

せっかく日本を訪れてくださった外国人観光客は日本全国を訪れていただきたい。

その時に過疎地での交通手段というのも一つの課題になっています。

いわゆる鉄道やバスといった公共交通機関が限られ、緑ナンバーのタクシーの台数にも限りがあるような観光地です。

安倍晋三総理が国家戦略特区諮問会議で「過疎地などで観光客の交通手段として、自家用自動車の活用を拡大してはどうか」と提案されたようです。

但し現時点でこのライドシェアは国家戦略特別区域のみに限定して白タクシーを許可しようというものです。

それでも最初の一石が投じられればその波紋は次第に全国に広がっていくことでしょう。

白タクが合法化されると…

・お客さんが便利で利用しやすいサービスを使い分ける

・結果として料金の低価格化も進む

お客さんにとっては安全で便利な移動手段が増えることは大歓迎ですよね。

近い将来には従来のタクシーとUberのようなサービスの垣根がどんどん低くなり、双方を使い分ける時代がやって来そうですね。

Sponsored Link

いつも共有ありがとうございます。
FBなどでイイネお願いします!


Facebookもよろしくお願いします

One Response to “Uber(ウーバー)の使い方は?白タクシーとの違いや日本の法律規制は大丈夫?”

コメントを残す

英語のみの投稿は制限させて頂いております。(いたずら対策)