新型ヴォクシーとノアは自動ブレーキ搭載!マイナーチェンジの変更点とハイブリッドの燃費は?

Sponsored Link

トヨタの売れ筋車種ノアとヴォクシーのマイナーチェンジを発表しました。

その新型ノア新型ヴォクシー燃費価格を見ていきましょう。

発売日変更点はどうなっているのか?自動ブレーキと傷つかない塗装!?

また、ハイブリッドZR煌デザイン画像などもあわせてみていきたいと思います。

トヨタ「ノア」「ヴォクシー」

トヨタ自動車の人気車種のワゴンタイプといえば、

 

ノア

ヴォクシー

 

そう誰もが思いつくほど、どこでも見かけるほどの車種になってきた2台。

新型にマイナーチェンジ!

トヨタの新型ヴォクシーの変更点と燃費、変更点とハイブリッド煌のデザイン画像
出典:toyota.jp

現行のノアやヴォクシーは、2014年1月に発売された。

それから2年

2016年1月6日からノアとヴォクシーがマイナーチェンジして、発売となります!

 

2年経ったノアとヴォクシーはどんな変化を遂げて登場するのでしょうか?

変更点

今回マイナーチェンジとして、新型になったノアとヴォクシー

大きな変更点はどこなのか?

 

一番グレードの低いXとXCを除く全てのグレードに対して

先進技術のトヨタセーフティセンスCを搭載する

 

セーフティセンスC??

セーフティセンスCとは、自動ブレーキを含む安全技術のことなんです!

自動ブレーキ搭載

Sponsored Link

ついに、

ノアとヴォクシーに自動ブレーキが搭載されます!!!

この日を待っていた人も多いのではないでしょうか?

こんなニュースもありました。

自動ブレーキは保険料の割引対象になる?

これからの時代は、自動ブレーキが必須のような時代が来そうですね。

内装デザイン画像

トヨタの新型ノアとヴォクシーの自動ブレーキと内装デザイン画像
出典:carinfoj.blog.fc2.com

中の内装やデザインには現行のノアとヴォクシーとの大きな変更はありません。

セルフリストアリングコートで傷つきにくい!?

今回のマイナーチェンジでの変更点のもうひとつの大きい点

洗車のときの傷
ドアハンドル周りのつめ傷
すり傷

こういったどうしてもついてしまう傷に対して、新開発の塗装を施すことによって、

傷が目立たなくなり、長期間にわたり新車同様の色と艶感を保てるんです。

レクサスLSにも採用されている塗装です。

ヴォクシーハイブリッド「ZR煌」

ヴォクシーには「煌」シリーズのハイブリッドバージョンが登場

ノア「ハイブリッドSI」

ノアにも新グレードである「ハイブリッドSI」が新登場する

 

自動ブレーキと新塗装を施した新型ノアとヴォクシー

気になるのが、燃費と価格です。

 

ハイブリッド燃費と価格

ヴォクシーハイブリッドの燃費は23.8Km/l

ガソリン車で燃費が16.0Km/lと以前の13.6Km/lからかなり改善されている。

値段

【ガソリン車】225万~273万

【ハイブリッド】299万~322万

ガソリン車とハイブリッド車の価格の差は、40万円ほどとなっている。

今回のマイナーチェンジで自動ブレーキが標準装備となっているグレードは、

Vクラスからなので(7人乗り)272万円(8人乗り)269万円

 

まとめ

関連記事:
ヴェルファイアとアルファードのロイヤルラウンジ内装画像!

今回の記事をまとめると・・・

・ヴォクシーとノアは2年ぶりのマイナーチェンジ

・マイナーチェンジで新型となった大きな変更点は、自動ブレーキと塗装

・価格は、今まで大きな変更はない

Sponsored Link

いつも共有ありがとうございます。
FBなどでイイネお願いします!


Facebookもよろしくお願いします

コメントを残す

英語のみの投稿は制限させて頂いております。(いたずら対策)