C-HRトヨタのハイブリッドエンジン性能と評価は?発売日が待ち遠しい!

Sponsored Link

SUV車の販売台数で1位を維持し続けている人気者は、ホンダヴェゼルですが

それに待ったをかけようとトヨタが開発中のSUV車がC-HRです。

とにかくその第一印象はかっこいいのです^^!

トヨタの新型SUVに搭載されるハイブリッドエンジン性能評価なども確認していきたいと思います!

そして、気になる日本国内発売日についても探ってみたいと思います^^

SUV部門No.1

SUV(Sport Utility Vehicle)と呼ばれる車の中で現在最も人気の一台がホンダのヴェゼルです。

2013年12月 ホンダ・ヴェゼルが市場に投入

市場に新車が投入されると一時的には人気が出ますが、その後他社の追随などで人気は低下していくものです。

実際、ヴェゼルの販売台数も年を追う毎に少しずつ減少しているのですが

今現在もなお、クロスオーバーSUV車の中では販売台数No.1を維持しており、ロングヒットモデルとなっています。

ホンダヴェゼル

出典:car.kurumagt.com

No.1の理由:ホンダが市場のニーズの変化をいち早く捉え、柔軟に進化をしてきたため。

C-HRのネット予約販売開始日は?グレードの違いや売り切れと納期は?

ヴェゼルに対抗!

しかし!他のメーカーもこのヴェゼルの独走を、ただ指をくわえて見ている訳ではありません。

そのヴェゼルの独走に待ったをかけるべく立ち上がったのがトヨタです。

トヨタは今年2016年3月上旬にスイスで開催されたジュネーブモーターショーで1台の車を世界初公開しました。

CHR2

出典:amd.c.yimg.jp

トヨタC-HR

CHR

出典:www.toyota-global.com

それはまさしくポスト・ヴェゼルを狙うクロスオーバーSUVの新型車でした。

C-HRは過去にも2度他のオートショーでコンセプトモデルを発表してきていますが

今回のジュネーブシューで公開されたモデルがほぼ市販車に近いデザインだと考えられます。

この車、ハッキリ言ってカッコいい^^

正直、これまでのコンセプトカーよりも市販量販モデルの方がカッコいいかも^^;

RAV4の後継モデル?!

トヨタのクロスオーバーSUVを牽引してきた車は「RAV4」と言っても間違いないはずです。

しかしそのRAV4は、同じプラットフォームを使用する兄弟車「ハリアー」の影に隠れ、日本での生産はストップしています…

このC-HRは事実上のRAV4後継モデルと考えてもいいはずです。

C-HRに採用されるシャーシ

トヨタが世界に誇る先進のTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)技術で作られるCプラットフォーム

※TNGAの詳細についてはこちらのサイトを参照願います

タイヤ

クロスオーバーSUV車らしく大径の225/50R18タイヤが装着

パワートレイン(エンジン)日本国内モデル2種類設定

  • 1.2Lガソリンエンジンにターボを組み合わせたダウンサイジングエンジン
  • 1.8Lのガソリンエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドモデル

パワートレイン(エンジン)海外輸出モデル3種類設定

  • 2.0Lガソリンエンジン

CHRの発売日は?トヨタハイブリッドSUVの価格は280万で燃費はプリウス並み?

エンジン性能と評価は?

Sponsored Link

今回はあくまで日本国内で販売されるであろう

国内モデル2種類のパワートレインに付いてエンジン性能などを確認してみたいと思います。

未発売のモデルの為、メーカー未公表のデータも含まれるため、あくまで推測のデータであることをご理解ください。

1.2Lターボ付きガソリンエンジン

  • エンジンタイプ:1.2L直列4気筒DOHC+ターボチャージャー
  • 総排気量:1,197cc
  • 最高出力:85kW[116PS] / 5,200・5,600rpm
  • 最大トルク:185N・m[18.9kgf.m] / 1,500・4,000rpm
  • 予想されるトランスミッション:6速MT及びSuper CVT-i(7速シーケンシャルシフトの先進CVT)
  • 駆動方式:FFとAWD(4WD)モデルが設定

ハイブリッドエンジン

〈ガソリンエンジン〉

  • エンジンタイプ:1.8L直列4気筒DOHC
  • 総排気量:1,797cc
  • 最高出力:72kW[98PS] / 5,200rpm
  • 最大トルク:142N・m[14.5kgf.m] / 3,600rpm

〈モーター〉

  • 最高出力:53kW[72PS]
  • 最大トルク:163N・m[16.6kgf.m]
  • 予想されるトランスミッション:電気式6速シーケンシャルシフトAT
  • 駆動方式:FFのみ

ジュネーブモーターショーではエクステリアデザインが公開されましたが

まだインテリアデザインも一般には公開されていません。そのため動力性能の評価は出来ません。

トヨタC-HRの最新情報とサイズやスペックは?内装デザインと価格は?

  • C-HRは既にドイツのアウトバーン(速度無制限の高速道路)や、もっとも過酷なテストコースとも言われるドイツのニュルブルクリンクサーキットでも実走テストを繰り返しています。
  • 今年5月に、そのニュルブルクリンクで開催されるニュルブルクリンク24時間耐久レースにも参戦が決まっています。

このレースに参戦を予定している車両は、日本でも発売される予定の1.2Lターボエンジンモデルにレース参戦用の安全装備などを組み込み、サスペンションなどをサーキット用に交換した程度の、ほぼ市販モデルでの挑戦だそうです。

ということはほぼC-HRは市販に向けての最終調整段階に来ているとも言えます。

このレースの結果によっては更に大きな評価が得られそうです!

社長のお墨付き?!

C-HRの実走行評価といえば「モリゾウ」こと

トヨタ自動車の豊田章男社長が自ら北海道の雪道でこのC-HRをテストドライブされたそうです。

この時豊田章男社長は満面の笑みでC-HRから降りてこられたそうです。

満面の笑み

出典:image.news.livedoor.com

豊田章男社長は自らレーシングドライバーとして各種レースにも参戦され、その時のレーサーとして使用されるニックネームがモリゾウですが、車のハンドリングには社長としてもレーサーとしても厳しい評価を下されます。

そのモリゾウ社長の笑顔がC-HRの評価の全てを物語っているのではないでしょうか?

販売価格と発売日は?!

さて、最も気になるのがC-HRの販売価格と発売日ではないでしょうか?

販売価格予想

C-HRは全長が4,350mm☓全幅1,790mmでホイールベースが2,640mmと比較的コンパクトなクロスオーバーSUV車です。

そのため同社の高級SUV車のハリアーほど高価格設定にはならないと予想しています。

冒頭でお伝えしたようにホンダ・ヴェゼルに対抗させる車種であることを考えると、C-HRの価格は300万円前後と予想されます。

CHRの発売日は?トヨタハイブリッドSUVの価格は280万で燃費はプリウス並み?

発売日予想

C-HRの発売日ですが、トヨタ自動車は2016年内の発売を正式にリリースしています。

しかし明確な発売日は未定⇒12月14日発売が濃厚!

ですが既にC-HRの市販モデルは既にトヨタのトルコ工場で生産が開始されているらしく…

  • 日本では:2016年の年末
  • ヨーロッパでは:2017年の年始

以上のような予想で、販売が開始されそうです。

その後は、順次アジア地区をはじめとする世界各国へ展開されていくようです!

ダイヤモンドをモチーフとしたというC-HRのデザインは本当にカッコいいです^^!
ウワサによると、C-HRはモーターショーでお披露目された

コンセプトモデルよりも市販量産モデルのほうがカッコいいとも言われています!

実際に市販される時の車名が、このまま「C-HR」になるかどうか分かりませんが「C-HR」の発売日が本当に待ち遠しいですよね^^

ホンダとしてもこのC-HRの登場は心穏やかではないはずです。

このC-HRが引き金になって他のメーカーからもどんどんと素晴らしい車が発表されることを期待したいですね。

C-HRのネット予約販売開始日は?グレードの違いや売り切れと納期は?

Sponsored Link

いつも共有ありがとうございます。
FBなどでイイネお願いします!


Facebookもよろしくお願いします

コメントを残す

英語のみの投稿は制限させて頂いております。(いたずら対策)