新型アルファードの口コミは?ハイブリッドの燃費はヴェルファイアより良い?

Sponsored Link

トヨタ自動車の最上級ミニバン「アルファード」

2015年に3代目新型アルファードに生まれ変わり

大きく開いたフロントグリルが特徴的なデザインになりました。

フルモデルチャンジの度に搭載されるハイブリッドシステムも高効率化され燃費も改善されています。

しかし、車重が重く空気抵抗の大きいミニバンのアルファード

果たして燃費はいいのでしょうか?新型アルファードの口コミは?

新型アルファード

現行の3台目となる新型アルファードがリリースされたのは2015年1月でした。

そのため販売開始から既に1年以上が経過しています。

「新型」という表現に合わないかもしれませんが^^;

最新モデルのトヨタ・アルファードについて今回はご紹介してみたいと思います。

アルファード

出典:usedcarnews.jp

アルファード

  • プラットフォーム(車体)を「ヴェルファイア」と共有している共通車です。
  • アルファードはトヨタの大型高級ミニバンです。
  • 全長:4915mm・全幅:1850mm・全高:1895mmと堂々たる車格を誇ります。
  • 標準車両価格:300万円台~700万円オーバー ※売れ筋は500万円前後のグレードの様です。

アルファードには初代モデルからハイブリッド車が設定されており、3代目となった新型アルファードにもハイブリッド車がラインナップされています。

アルファードハイブリッド

新型アルファードハイブリッドモデル搭載エンジン

2.5L 直列4気筒DOHCのハイブリッドモデル専用設計ガソリンエンジンに、モーターを組み合わせたシステムです。

  • 最高出力:152PS/5,700rpm
  • 最大トルク:21.0kgf・m/rpm

価格は同じ仕様のガソリン車に比べ50万円~100万円程高い設定になっています。

新型アルファードの口コミは?

Sponsored Link

現行3代目の新型アルファードは、先代の2代目に比べて大胆に思い切ったフロントマスクを採用しています。

2代目アルファード

初代のアルファードのイメージを踏襲したようなデザインでした。

2代目アルファード

出典:b-cles.jp

新型アルファード

メッキパーツを多用した大型のフロントグリルを採用し、ヘッドライトもより精悍な形に変わりました。

アルファード

出典:usedcarnews.jp

やはりどんな車にも長所と短所がありますよね^^;

人によっては、好みの分かれそうな、新型アルファードのフロントマスクです。

オーナーさんやアルファードに興味のある人の満足・不満口コミどちらも紹介してみます。

新型アルファードの口コミ!

GOOD POINT!

  • とにかく居住空間が広い
  • 高級感あふれるインテリアがGood
  • 押し出しの強いフロントマスクはライバル車と差別化できている
  • エンジンパワーがあり、車内が静かで静寂性に優れている
  • サスペンションやシートの硬さがベストで長距離ドライブが疲れない
  • 各列のシート間にゆとりがある
  • 2列目シートのオットマンはリビングに居るようなくつろぎを感じられる
  • 所有欲を満たしてくれる高級感
  • 先進の安全装備満載で安心感が高い

BAD POINT!

  • 大きくて小回りが苦手なので狭いところで気を使う
  • 車重が重く走行性能自体は楽しめない
  • 車体価格が高い(高額)
  • フロントマスクが厳つい(女性ユーザー)
  • 燃費が伸びない

口コミを総称すると…

デザイン(特にフロントマスク)

男性ユーザー:概ね好評

女性ユーザー:不満を感じる人が多い

車体

大柄で室内の高級感に対して:好評

車重が重い為、俊敏性等のドライバビリティ:不満を感じる人が多い

燃費が悪い!

新型アルファードの燃費に関しては先程の口コミにもありましたが、あまり芳しいものではないのです^^;

車重も堂々とした車体と高級装備満載で2tを軽くオーバーします。

  • ガソリン車
JC08モード 2.5Lエンジン車 11.6Km/L
JC08モード 3.5Lエンジン車 9.5Km/L
  • ハイブリッド車
JC08モード 18.4Km/L

さすがに標準のガソリン仕様車に比べればかなり燃費は良いようです。

まとめ

現在日本の乗用車の国内販売台数の約4割を軽自動車が占めています。

購入価格も維持費も安く、コンパクトなので取り回しが楽です。

何より燃費が良くて移動手段と割りきってしまえば日本の道路事情にピッタリの自動車と言えます。

ところが平均価格で500万円以上する、お世辞にも燃費(ハイブリッド車だとしても)が良いとはいえないアルファード(ヴェルファイアを含む)がバカ売れしているようです。

その販売台数はアルファードとヴェルファイアを足すと月販10,000台前後!

まるで、主力のコンパクトカー並みに売れています。

これはやはり口コミにもあった高級感と安心感から来る所有欲を満たしてくれる点と、多少女性には不人気のようですが、3代目の現行モデルになって他社と差別化出来るフロントマスクが好評のようです。

新型アルファードハイブリッドの燃費ですが、同じくトヨタ自動車の新型プリウスが更に燃費を伸ばし、来年にはフルモデルチャンジが噂されているアクアはJC08モード燃費40.0Km/Lも期待されています。

このトヨタの最新ハイブリッド技術を投入して、次期アルファードのハイブリッドモデルでは20.0Km/Lを超える燃費も期待できるかもしれませんね。そうなると更に販売台数も伸びそうです。

それでは今回はクチコミ評価も販売台数も好評の、トヨタの新型アルファードをご紹介してみました。

最後まで完読いただきまして本当にありがとうございました。

Sponsored Link

いつも共有ありがとうございます。
FBなどでイイネお願いします!


Facebookもよろしくお願いします

コメントを残す

英語のみの投稿は制限させて頂いております。(いたずら対策)