バレーノの価格と発売日は?インド工場からの逆輸入の意味は?

Sponsored Link

スズキから発売するバレーノの詳細が明らかになりました。

気になるバレーノ価格発売日を見ていきましょう!

バレーノはインド工場で生産されて、逆輸入で日本に入ってきます。スズキのインド工場生産の狙いと意味は何なんでしょうか?

バレーノは「made in India」!?

詳しく見ていきます。

スズキ「バレーノ」

バレーノの価格と発売日のインド工場生産の画像
出展:indianexpress.com

スズキが新たなラインナップ「バレーノ」

インドで生産されており、インドでは2015年10月から発売されているモデルです。

そんなバレーノが、逆輸入という形で日本でも発売になります。

バレーノの意味

そして、気になる「バレーノ」という言葉の意味は何なんでしょうか?

バレーノ

イタリア語で「閃光」という意味です。

コンパクトカー市場で、光る存在になってほしい!そんな思いがこめられているんです。

バレーノについての詳細情報はこちらの記事も合わせてご覧ください。
スズキのバレーノはスイフトのモデルチェンジで後継車?価格と室内の広さは?

インド工場で生産

スズキのバレーノですが、日本での生産ではなくインドのマネサール工場での生産となっています。

インドで生産して、日本に輸入する

逆輸入の日本車です。

そんなスズキの狙いは何なのか?

メイド イン インディア

スズキの狙いとしては、「メイド イン インディア」戦略を広げていきたいと思っているようです。

スズキのインドでのシェアは40%

スズキのインドでの地位を確固たるものにすべく、今回のバレーノはインドでの生産となったようです。

狙いと理由

インド産の車「バレーノ」

スズキの狙いとしては、インド市場に根付いたマーケティングを目指しています。

インドでの生産技術も長期で行ってきたことで、「日本と変わらない品質と技術」で行うことができるようです。

 

今後、車の購入者が増えてくるインドで、スズキの車が増えてくる。

そういう未来を狙っているんです。

最新情報

Sponsored Link

バレーノで新たにわかってきた最新情報です。

・バレーノに4輪駆動の設定はない。
・バレーノは、ノーマルタイプの「XG」とターボタイプの「XT」の2種類から選択可能
・ミリ波レーダー方式の衝突防止機能搭載

価格と発売日

そして、気になる価格と発売日です。

XGタイプ

3月9日発売

価格は、141万4,800円~

XTタイプ

5月13日発売

価格は、161万7,840円~

そのほか、詳しいバレーノについての詳細は、こちらの記事も合わせてご覧ください。
スズキのバレーノはスイフトのモデルチェンジで後継車?価格と室内の広さは?

まとめ

今回の記事をまとめると

・スズキのバレーノの意味は、イタリア語で「閃光」

・スズキのバレーノは、インド工場で生産されて日本へ逆輸入されるインド生産車

・価格と発売日は、XGタイプはすでに発売済みで、141万円~

インドでの販路を広げていくスズキ、今後の展開がとても楽しみです!

Sponsored Link

いつも共有ありがとうございます。
FBなどでイイネお願いします!


Facebookもよろしくお願いします

コメントを残す

英語のみの投稿は制限させて頂いております。(いたずら対策)