スズキのバレーノはスイフトのモデルチェンジで後継車?価格と室内の広さは?

Sponsored Link

スズキが新しく販売するバレーノ

2015年9月に発表されたモデルであるが、2016年にモデルチェンジするスイフトの後継車ではないかと話題になっています。

スイフトで言われていた、後部座席の広さが改善されているバレーノ

エンジンは、2種類用意されており燃費性能も十分!

室内の広さとデザインや価格とあわせてみていきたいと思います。

スズキ「バレーノ」

スズキのバレーノはスイフトのモデルチェンジで後継車で価格と燃費がすごい画像
出典:www.zigwheels.com

スズキから発売されることが決定した「バレーノ」

実は、インドで2015年10月から販売されているんです!

バレーノは日本で生産ではなく海外生産の輸入モデルになります。

 

もともと2015年9月のジュネーブモーターショーで「iK-2」として発表されていたコンセプトモデルなんです。

そのときの注目点

1.0Lの直噴ターボエンジン「BOOSTERJET」が搭載される

さらに

車内スペースが、全世界で発売されて好評なスイフトよりも広い!

デザインがスズキらしくない!

こういう表現が適切なのかわかりませんが、デザインがスズキらしくなくシャープなんです。

 

車内の広さ

バレーノが日本で人気が出るか、その部分は市場での評価ということになりますが

今まで日本に無かったサイズなんです。

全長3995mm
全幅1745mm
全高1470mm

コンパクトカーは基本的に幅は1.7m以内に収められることが多いのですが、バレーノは海外生産で日本に輸入している車なので海外仕様なんです。

そのため、幅が少し広いので、2列目にゆったりと乗れるスペースがあるんです。

エンジンと燃費

そして、バレーノのエンジンは2種類あります。

マイルドハイブリッド

スズキが新型ソリオに搭載した新たな新技術マイルドハイブリッド付のエンジンです。

こちらが主力なると思います。

直列4気筒1.2Lデュアルジェット直噴エンジン + モーター

このマイルドハイブリッドのおかげでソリオは、燃費性能が格段に向上しました。

 

そして、期待が大きいのが・・・

1Lターボエンジン

BOOSTERJET(ブースタージェット)と名づけられたスズキの現在の最新技術が詰まったエンジンです。

3気筒1Lターボエンジン

最大出力:112ps / 5500rpm
最大トルク:17.3kgm / 2000~3500rpm

スイフトのモデルチェンジ?

Sponsored Link

スズキの人気車種「スイフト」ですが、2016年にフルモデルチェンジされると言われていましたが・・・

発表がまったく無い状態が続いています。

先日発売したベストカーの2016年のモデルチェンジ情報にもスイフトは掲載されていませんでした。

バレーノ = スイフトの後継車

この見方が強くなってきています。

バレーノへ移行する理由

スイフトの問題点

スイフトの問題というほどではないのですが、改善したい点として、サイズが上げられます。

2列目が少し狭い。

本当に少しなのですが、スイフトに乗車するときになる狭さなんです。

特に、体の大きいヨーロッパなどでいわれている問題です。

 

スイフトを新規に開発するのではなく、バレーノを日本に輸入することでスイフトの後継車にする!

そういう流れなのではないかと思われます。

ただ、日本で横幅が1.7Mを超えているコンパクトカーが受け入れられるかどうかの売れ行き次第では、スイフトのモデルチェンジもあるかもしれませんね。

 

スイフトスポーツ

バレーノには、ブースタージェットエンジンが搭載されたモデルもあるので、今までのスイフトスポーツのモデルとかぶるのも理由のひとつです。

価格と発売日

バレーノの気になる発売日は、2016年3月!

そして、値段はスイフトとのサイズの違いを考えると120万円前後だと思われます。

しかし!!

インド生産の日本輸入で発売されるバレーノの価格は、驚きの低価格も予想されます!

その価格次第では、日本でかなり売れるかもしれませんね!

まとめ

関連記事:
スズキのイグニスSUVの燃費と価格発売日は?デザイン画像は目力がすごい!

今回の記事をまとめると

・スズキのバレーノは、2種類のエンジンを搭載してデザインもかっこいい

・バレーノはスイフトのモデルチェンジ後の後継車として発売される可能性が高い

・バレーノの価格が驚きの低価格で出るかも!?

 

スズキの新車発売の流れがすごいですね!

イグニス、ソリオハイブリッド、さらにはカプチーノのうわさまで・・・

Sponsored Link

いつも共有ありがとうございます。
FBなどでイイネお願いします!


Facebookもよろしくお願いします

2 Responses to “スズキのバレーノはスイフトのモデルチェンジで後継車?価格と室内の広さは?”

  1. 車は家族。現在絶版MARKⅡ14年目。はじめて12万キロ走行。トラブルなし。我が家の愛犬とおなじ
    年齢。登録日と生まれた月が同じ。古いけど愛着はそれに勝る。
    でもこの次の車はスズキ・バレーノに決まり。トヨタ以外の日本メーカー頑張れ。
    バレーノの最新情報楽しみ。

    • 吉野さま>
      コメントありがとうございます。
      現在MARKⅡに乗ってらっしゃるんですね!高級感があって良い車ですよね。
      スズキが出す「バレーノ」知る人ぞ知る名車になって行きそうな予感です。今後も追加情報をキャッチし次第、更新していきますのでお楽しみにしていてください!

コメントを残す

英語のみの投稿は制限させて頂いております。(いたずら対策)