日産ノートのリコール内容と詳細は?対象車種と年式は?

Sponsored Link

日産自動車は三菱からのOEM供給軽自動車「デイズ」と「デイズルークス」の燃費不正問題で痛手を被っています。

また韓国ではヨーロッパ仕様のディーゼルSUV車「キャシュカイ」の排ガス不正にリコール命令を出しています。

そんな中今度は日産ノートにも不具合が見つかりました。

日産が国土交通省に届け出たノートリコール内容詳細や台数は?

また対象車種は全グレードなの?

年式など、どのノートがリコール対象なのか詳しく調べてみたいと思います。

日産ノート

人気アイドルグループ嵐をテレビCMに起用するなど、小型コンパクトカーの中でも特に人気の日産ノート

ノート

出典:www.nissan.co.jp

ノートの車名の由来は…?

 

車名の「ノート」(note)は、音符の意味と雑記帳の意味を掛けている。

日常の何気ない音に混じり、また生活を記録することで使用者の生活の一部になって欲しい、という開発陣の願いがこめられている。

引用元:ja.wikipedia.org

文字を記すノートの方だけを想像していましたが、音符という意味もあったんですね。

日産ノートハイブリッドの燃費は?評価とサイズや性能は?

車歴とエンジンの変革

日産ノートの車歴

・2005年1月:初期型(E11型)の販売を開始

・2008年1月:マイナーチェンジでフロントデザインを一新(E11型の後期型)

・2008年10月:日本国内仕様車に1.6L 直列4気筒エンジン車を追加

・2012年9月:2代目(E12型)へフルモデルチェンジし販売を開始

エンジンの変革

2005年初期型:1.5L 直列4気筒ガソリンエンジンのみでデビュー、その後1.6L 直列4気筒エンジン車を追加

2012年現行2代目:1.2L 直列3気筒の直噴ミラーサイクルエンジンに変更
但し、ただのダウンサイジングではパワーが足りないので、高効率スーパーチャージャーが組み合わさっています。

ワンポイント情報

新型日産ノートの開発責任者は商品企画本部に勤務される水口美絵さんが務められました。

日本の自動車メーカーでは初めての女性開発責任者です!

コンパクトカーという女性ドライバーにも広く支持されるジャンルの車で、女性目線の工夫もたくさん取り入れられています。

また、CMキャラクターに嵐を選んでいる点もそうした女性目線の戦略と言えそうです。

日産嵐

出典:pbs.twimg.com

トラブル続きの日産

Sponsored Link

2016年は日産にとってトラブル続きの年になっています。

  • 2016年4月 OEM車の燃費不正

軽自動車「デイズ」「デイズルークス」燃費不正

三菱自動車からのOEM供給車とはいえ、三菱と共同出資した工場で生産された初めての車種でした。

現在は販売が中止され、販売台数が0になるなど大きな痛手を受けています。

日産の三菱買収の理由は?燃費不正問題の補償はどうなるの?

  •  2016年5月 韓国で燃費不正告発

2013年まで国内ではデュアリスの車名で販売されていた海外仕様のキャシュカイ

英国日産のサンダーランド工場で、製造されているモデルが

現在韓国で排ガスに不正があると、販売差し止め命令が降っています…。

イギリス(欧州)では問題ない排ガス規制値が、韓国では不正とみなされたようです。

日産ノートのリコール

そして今回ご紹介している日産ノートでも大量のリコールが発生してしまいました。

しかも付け加えるなら、同時にスカイラインにもリコールが発生しています^^;

ではその日産ノートのリコール内容について詳しく見ていきたいと思います。

リコール内容は?

リコール内容

エンジンマウントの不具合⇒最悪の場合ドライブシャフトが外れてしまう可能性があるというものです。

製造工程のミスが原因…

エンジンを車体にマウントする部分の「ネジ穴を同じ所に2回開けてしまった」ようです。

⇒ボルトの締りが悪く、走行中の振動でボルトが緩んだり、最悪の場合はボルトが緩んでエンジンが傾き、車が動かなくなるおそれがあるということです。

もう少し具体的に詳細を見ると…

・不具合部位:エンジン左側マウント部

・不具合部品:ブラケット締め付けボルト穴

・不具合内容:ネジ穴加工ミス(ネジ穴の二重加工)

・不具合事象:最悪ボルトが折損するとエンジンが傾いてドライブシャフトが外れ走行できなくなる。

・対策:左側ブラケット一式を良品と交換

・リコール開始日:2016年6月10日

ドライブシャフトが外れて走行できなくなるなんて最悪ですよね…

今回のトラブルによるけが人等は出ていません

しかし、高速道路上や山道の急勾配の道路でトラブルが出てしまうと、状況によっては大きな二次災害にもつながりかねません!

もしあなたの愛車(日産ノート)から何か異音が発生していれば、直ちにお近くの日産ディーラーへ点検に出しましょう!

対象車種と年式は?

リコールの対象となる車種

・型式:DBA-E12型

・対象となる年式:2012年(平成24年)7月25日~2015年(平成27年)11月10日

・リコール対象台数:229,293台

日産の発表によると車種(グレード)の特定はなく対象型式DBA-E12型(計1型式)とあります。

ということは現行の新型ノートすべてが対象車種ということになります。

また新型ノートの販売が開始されたのは2012年9月3日ですが、対象製造期間が2012年7月25日~

ということは新車発表前から積み上げていた事前生産分も含めてすべての年式の新型ノートが対象です!

日産の対応は…

全国の日産販売店で2016年6月10日から対象の車の点検を行い、無料で部品を交換することにしています!

とにかくあなたが新型日産ノートにお乗りであれば、迷わずお近くの日産ディーラーへ点検に出しましょう!

Sponsored Link

いつも共有ありがとうございます。
FBなどでイイネお願いします!


Facebookもよろしくお願いします

コメントを残す

英語のみの投稿は制限させて頂いております。(いたずら対策)