ホンダステップワゴンのサイズや内装は?スパーダの燃費と口コミは?

Sponsored Link

2015年4月に通算5代目へとフルモデルチェンジが行われたホンダステップワゴン

ライバル車の殆どが、ハイブリッドエンジンによる低燃費化を図る中

ステップワゴンはダウンサイジングターボの採用でエンジン排気量を小さくすることで低燃費を実現!

その他バックドアの「わくわくゲート」など遊びゴコロ満載のホンダステップワゴン

クラス最大級の室内空間を誇るサイズや、機能いっぱいの内装は?

ホンダステップワゴンには若干スポーティな味付けのスパーダというモデルが有ります。

スポーティということはエンジンも高回転?

特別装備で車重も重くなり、燃費も悪くなるのでしょうか…?

今回はステップワゴンとステップワゴンスパーダの違いや口コミ評価などを確認してみたいと思います。

ホンダステップワゴン

初代のステップワゴンが登場以来、ちょうど今年で20周年を迎えました。

ステップワゴン

出典:fsv-image.autoc-one.jp

ステップワゴンの略歴

・1996年5月:初代ステップワゴンを発売

・1998年1月:ポップアップルーフのフィールドデッキを発売

・1999年5月:マイナーチェンジ

・2001年4月:2代目へとフルモデルチェンジ

・2002年10月:マイナーチェンジ

・2003年6月:マイナーチェンジ(スパーダが登場)

・2005年5月:3代目へとフルモデルチェンジ

・2006年5月:マイナーチェンジ

・2007年11月:マイナーチェンジ(スパーダが3ナンバーから5ナンバーサイズへ)

・2009年10月:4代目へとフルモデルチェンジ

・2012年4月:マイナーチェンジ(アイドリングストップシステムを搭載)

・2015年4月:現行の5代目へとフルモデルチェンジ

・2015年7月:車いす仕様車を追加

その20年の歩みの中ではいろいろと革新的な技術が取り込まれ、また他社のミニバンとの差別化を図るためのいろいろなアイデアも採用されています。

例えば現行の新型ステップワゴンの大きな特徴

・わくわくゲート:通常の跳ね上げ式のバックドアの中に横開き式の小扉を組み合わせた

・マジックシート:3列目のシートを左右分割にし、床下に収納できるようにした

・Honda SENSING:先進の安全運転支援システムを標準装備(Bタイプを除く)

・ダウンサイジングターボ:先代までの2.0Lエンジンを1.5Lにサイズダウンし、過給器(ターボ)でパワー不足を補った

ステップワゴン 新型

 

出典:blog-imgs-71.fc2.com

などなどまだまだ沢山の革新的なアイデアや技術が盛り込まれています。

燃費がいい?

中でも他車のミニバンがエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドによって低燃費化を推し進める中、ステップワゴンはダウンサイジングを選びました。

これはホンダが参戦するF1を頂点とする各種モータースポーツでも採用されている最先端技術です。

4代目:2,000cc自然吸気エンジン

5代目(現行):1,500cc過給器(ターボ)エンジン

排気量が小さくなれば⇒燃料消費量が少なくなり燃費が良くなる⇒その反面パワーはダウン

⇒それを補うのがターボチャージャー

 

これによってホンダステップワゴンは全長1,800mm以上のミニバンの中で、ガソリン車としてはNo.1の低燃費を実現しています。

JC08モード燃費(国土交通省審査値):17.0Km/L(ステップワゴンBタイプのFF車)

室内が広い

ステップワゴンのもう一つの大きな特徴に広大な室内空間が挙げられます。

そのサイズは全長1,800mm以上で2.0Lクラスのミニバンで最大です。

気になるサイズは?

・全長:4,690mm(スパーダは4,735mm)

・全幅:1,695mm

・全高:1,840mm(4WDモデルは1,855mm)

・ホイールベース:2,890mm

・室内長:3,220mm

・室内幅:1,500mm

・室内高:1,425mm

ライバルの一台でもある日産セレナの室内長は2,825mmです。

ステップワゴンの室内空間の広さがわかりますよね。

内装の特徴は?

クラス最大の室内空間には快適な内装にもこだわりがあります。

・フロントドアライニングやドリンクホルダーにも間接照明を配置

・インパネに木目調パッドを採用し木のぬくもりを演出

・スライドドア両側にロール式サンシェードを装備

・シートバックテーブルでピクニック気分を演出

・2列目キャプテンシートでくつろぎ感と3列目シートの車内一体感がある

*2列目ベンチシートもオプション設定

・白色LEDの明るい室内照明

ステップワゴンはアイボリーを基調とした明るい室内

(ブラウン・アイボリー・ダークグレーの3色からチョイス)

スパーダは黒を貴重としたシックな車内

(ブラック×シルバー・ブラックの2色からチョイス)

・多彩な収納スペースで車内への物の散乱を防止

(1列目:14ヶ所、2列目:9ヶ所、3列目:4ヶ所)

・わくわくゲートでリヤからの人や物の出し入れの利便性を向上

・子供でもらくらく操作の3列目マジックシートで広大な荷室空間を確保

ステップワゴン:ファミリーユース向けの明るい基調の内装色

インテリア

出典:www.honda.co.jp

スパーダ:洗練されたスポーティさを感じさせるブラック基調の内装色

スパーダ

出典:car.watch.impress.co.jp

ステップワゴンスパーダ

Sponsored Link

ステップワゴンの横開きトランク「わくわくゲート」の使い方!後ろにドアが?

ところで先程からご紹介しているステップワゴンスパーダ

いったい普通のステップワゴンとどこがどう違うのでしょうか?

一言で簡単に言ってしまえば、スパーダはステップワゴンのちょっぴりスポーティ仕様

スパーダフロント

 

出典:www.honda.co.jp

ワクワクゲート

出典:cdn-ak.f.st-hatena.com

・スパーダ専用フロントグリル

・スパーダ専用フロント&リアバンパー

・スパーダ専用テールゲートスポイラー

・本皮巻きステアリングホイール

・パドルシフト

・スポーツペダル

・スパーダ専用デザインアルミホイール

・スパーダ専用サスペンション

その他FF車には17インチの専用アルミホイール仕様車もあります。

スパーダの燃費は?

スポーティってことはエンジン性能や燃費は?

実はステップワゴンもスパーダもエンジンは同じです。

・エンジン型式:L15B型 水冷直列4気筒DOHCターボ

・最高出力:150PS/5,500rpm

・最大トルク:20.7kgf・m/1,600~5,000rpm

・圧縮比:10.6

では燃費も全て同じなのでしょうか?

実は燃費についてはステップワゴンとスパーダというよりも、グレードによってそれぞれ違ってきます。

また2列目シートをキャプテンシートからベンチシートに変更するなど、車重の違いでも燃費が異なるようです。

ステップワゴンのJC08モード燃費+車重

タイプ グレード 車重(Kg) 燃費
ステップワゴン B(FF車) 1,630 17.0Km/L
B(4WD車) 1,720 15.4Km/L
G Honda SENSING(FF車) 1,670 16.2Km/L
G Honda SENSING(4WD車) 1,760 15.4Km/L
G・EX Honda SENSING(FF車) 1,680 16.2Km/L
G・EX Honda SENSING(4WD車) 1,760 15.4Km/L
ステップワゴン

スパーダ

Honda SENSING(FF車) 1,690 16.0Km/L
Honda SENSING(4WD車) 1,770 15.0Km/L
Cool Spirit Honda SENSING(FF車) 1,700 15.4Km/L
Cool Spirit Honda SENSING(4WD車) 1,770 15.0Km/L

でもここまで細かく燃費を表示してもらえると、某メーカーのような燃費不正がないという意味で安心できますね^^

スパーダはエンジンは同じでも装備品がグレードアップされている分車重が重めです。

ですからスパーダの方が若干燃費は悪いようです。

でも燃費って購入後のオーナーさんのほんのちょっとしたアクセルワークでも大きく変わっちゃいますよね!

またお父さんのゴルフバッグが積みっぱなしなんてしてありませんか(笑)

荷物の積載量や乗車定員でも燃費は大きく変わります。

ですから、むしろステップワゴンとスパーダのJC08モード燃費はイコールに等しいとも言えそうです。

スパーダの口コミや評価は?

とは言え価格的にはステップワゴンよりも割高なスパーダ

・ステップワゴン G・Honda SENSING(FF車):2,610,000円

・スパーダ Honda SENSING(FF車):2,840,000円

※税込メーカー希望小売価格

そのスパーダに対するオーナーさんや街の声が気になります。

スパーダに対する主な口コミや評価の声を拾ってみました。

気に入っている点

・メーター類の視認性が良い

・サスペンションのホールディングがよく、コーナーが安定している

・エンジン音が静か

・プライムスムースのシート地は汚れが防げるので掃除が楽

・内装の質感が高く、ドアを締めた時の音にも安っぽさがない

・トルクバンド(1,600~5,000rpm)が広いのでエンジンが扱いやすい

・サスペンションがしっかりしている

・低速から最大トルクが発生するので発進にモタツキがない

・価格は装備になっとく

イマイチな点

・エクステリアデザイン(特にフロントマスク)がおとなしい

・グローブボックスの中が暗い

・エンジンブレーキの効きがイマイチ

・2列目シートがスライドのみで折りたためない

・ダッシュボードやインパネ周りが黒なのでホコリが目立つ

現在正直なところ新型ステップワゴンの販売台数は伸び悩んでいます。

原因おとなしすぎる外観デザインと、ハイブリッドを搭載していないことのようです。

でも実際に購入したオーナーさんの口コミを見ていると、非常に高評価なことがわかります。

特にトヨタのヴォクシーとの比較で、ヴォクシーの作りの安っぽさに比べてスパーダに対するホンダの技術者の熱意が好評化されていました。

その声も1人や2人ではなく、非常に多くのオーナーさんが共通した意見を述べられていました。

一見、ハイブリッドと聞くと何でも低燃費なように感じてしまいます。

しかし世界最高峰のF1の世界で培ったホンダターボの実力は、実際に乗ってみたオーナーさんでないと分からないステップワゴンの良さのようですね^^

せっかく購入する車なので、燃費だけでなく爽快な走りも楽しめたらいいですよね!

家族全員が乗車しても発進加速からトルクフルな車を求めているユーザーさんにはおすすめの一台と言えそうです。

Sponsored Link

いつも共有ありがとうございます。
FBなどでイイネお願いします!


Facebookもよろしくお願いします

コメントを残す

英語のみの投稿は制限させて頂いております。(いたずら対策)