雪道運転のコツとテクニック!初心者でノーマルタイヤの3つの注意点

Sponsored Link

日本中で大荒れの天気になっていますね。

はじめて雪道運転する人も多いのではないでしょうか?

そんな雪道運転初心者の方の為に、コツテクニックをご紹介します。

ノーマルタイヤでの運転は危険ですが、気をつけなければならない注意点もあわせてお伝えします。

雪道運転

記録的豪雪

そんなことが起こる年は、普段降らない地域で雪が降ったりと危険なことが多くなります。

そんな時怖いのが、雪道運転です。

 

はじめて雪道の運転をする人も多いのではないでしょうか?

初心者

雪道運転の初心者

そう思う人が一番怖いのが・・・

滑ってしまう

雪道運転のコツとテクニック!初心者でノーマルタイヤは危険画像
出典:www.bang.co.jp

いきなりの雪道で普段どおり運転していたら、いきなりスリップ

そのまま、路肩に突っ込んでしまった!

そんなことにならないためにも、雪国育ちの私が雪道運転のコツとテクニックを紹介します。

運転のコツとテクニック

雪道運転で何を一番注意しなければいけないのか!?

先ほどの例で言うと、「普段どおりの運転をしていたら・・・」ということに問題があるんです。

雪道での運転には、雪道にあわせた運転をする必要があります。

どういうことに気をつけなければいけないのかご紹介します。

2個先の信号

まず、普段の運転のときは、信号があったらとまりますよね?

信号手前でブレーキをすればいいですよね?

雪道運転では、ちょっと違うんです。

2個先の信号を見る

ここを気をつけるだけで、スリップなどは格段に減らすことが出来ます。

どういうことかというと、雪道はいきなりブレーキなどを踏むとスリップします。

なので、2個先の信号を意識することで、事前に徐々にブレーキをすることが出来て、信号直前でのブレーキはほとんどしなくて良くなるんです。

2個先の信号や、遠くの道路状況を見ることで、急ブレーキが減らせます。

ハンドルとブレーキ

雪道運転で気をつかなければならない点の2個目が、ハンドルとブレーキです。

 

これは、ブレーキをしているときにハンドルは切らない!ということです。

信号や交差点で止まるときに、どうしてもブレーキをすると思うのですが、そのときに出来る限りハンドルはまっすぐにしておくということです。

まっすぐにしておくことで、滑ったとしてもまっすぐすべるだけで、スリップは減らすことが出来ます。

 

さらに、このことは事前のブレーキでも意識してください。

曲がり角などでとまらなければいけない道なのであれば、直線の道でしっかりとブレーキをして、止る場所では、最小限のブレーキで済むようにしておいてください。

右カーブに気をつける

最後の注意点は、「右カーブ」です。

右カーブに気をつけるというのはどういうことかというと、「右カーブでは対向車が突っ込んでくる可能性がある」ということなんです。

右カーブではスリップしたとしてもガードレールのほうにいくだけだと思い油断してしまうのですが、対向車からしたら左カーブでスリップの可能性が高いんです。

なので、カーブで回りきれなかったり、スリップしてセンターラインをはみ出してくる車が多いので、右カーブは要注意の場所なんです。

右カーブに差し掛かるところでは、見通しが悪い場合は特に、ミラーなどを利用して対向車の状況を確認するようにしましょう。

そうすることで、雪道事故での被害を最小限にすることが出来ます。

ノーマルタイヤ

雪道運転で気になるのが、タイヤだと思います。

50年ぶりに雪が降った!なんて地域の人は、スタッドレスタイヤなどの冬用タイヤはもちろんのこと、チェーンも持っていなかったりすると思います。

いつもどおりのノーマルタイヤで運転されると思いますが、雪が積もっているのであればやめたほうがいいです!

雪道の上をノーマルタイヤで走るというのは、裸足でお風呂場を走るようなものなんです。

転びますよね。とまれませんよね?

雪が残っている道をどうしても走らなければならない場合は、「チェーンを装着」してください。

チェーンはゴムタイプのものもあり、3000円台で買うことも可能です。
高速のチェーン規制はノーマルタイヤだと通行禁止?お勧めのチェーン

 

急いでいないなど余裕があるのであれば、バスなどの公共交通機関を利用されるほうがお勧めです。

高速道路

さらに、雪道で高速道路を利用する場合は、「チェーン規制」などがかかっており、高速道路自体に乗れないことも多いです。

高速道路についてはこちらの記事もあわせてご覧ください。
高速のチェーン規制はノーマルタイヤだと通行禁止?スタッドレスタイヤは?

エンジン駆動タイプ別

Sponsored Link

そして、雪道運転では車のエンジン駆動タイプも把握しておくことが必要です。

FFやFRなどのタイプごとに、運転の方法が変わってくるんです。

FF(前輪駆動)

FF者は、前輪に力が伝わるので、雪道であっても良く進みます。

お!雪道も快適に運転で切るじゃん!と思ってスピードを出しすぎてしまうのですが・・・

曲がれない

FF車は、カーブでハンドルを切っても曲がりづらいです。

曲がれない!と感じて、ブレーキを踏む。これが、雪道運転のコツでも話したように一番やってはいけない状態になってしまい・・・スリップ

そのまま路肩に突っ込んでしまうことになります。

 

なので、カーブの前などは特に注意して、直線のうちから速度をゆっくり落とすことを意識してください。

FR(後輪駆動)

FRの人は、運転して10分で感じると思いますが・・・タイヤがくるくる回ります。

雪道で上で、常にスリップしている感覚にとらわれてしまうと思います。しかし、だからといってアクセルを踏み込まないでください!

もっと、タイヤがくるくる回ってしまいます。

FR車の人の雪道運転のコツは、基本的に速度キープ、そして、シフトも普段よりひとつ下に落とす

こういう運転を心がけて、加速は必要最低限にしてください。急なシフトダウンや強いアクセルは自殺行為です。

一回転ドリフトが出来るかもしれませんが・・・

4WD

4WDだから雪道は安心!

そう思う人が多いのが、4WDの一番危険な点だと思います。

4WDといっても、カーブなどの道路状況によって、FF、FR、FFなどと常に駆動がかかる配分が変わるので、過信しすぎるのは危険です。

普段よりも20キロくらい遅い速度で運転する。そういう気持ちで運転すれば、事故無く雪道を運転できます。

便利グッズ

そして、雪道運転で意外と役に立つ便利グッズをご紹介します。

バスタオル

バスタオルは、雪道で吹き溜まりなどで抜け出せなくなってしまったときに有効です。

タイヤの下などに挟むと、しっかりとグリップして抜け出すのに有効です。

小さい木などの板

板はどういうときに役に立つかというと、雪道でいきなり雪が更に降ってきたりしたときに、チェーンをつけたいが、下が安定していなくて、ジャッキで持ち上げられない!

そんなときにジャッキの下に挟むと、しっかりと安定してチェーンなどを巻きやすくなります。

下敷きorポイントカード

宿泊後や停車後などに、フロントガラスが凍ってしまった!

そういうときにあると便利です。下敷きなどがあれば便利ですが、下敷きが無くても、ポイントカードやクレジットカードがあると、それを利用してフロンとガラスの氷を落とすことが出来ます。

 

視界が確保できるように最小限、フロントガラスを外からこするようにすると有効です。

まとめ

関連記事:
高速のチェーン規制はノーマルタイヤだと通行禁止?スタッドレスタイヤは?

今回の記事をまとめると・・・

・雪道運転が始めての人は、運転のコツとテクニックを3つ意識するだけでスリップしないようになる。

・雪が少しでも積もっている状態は、ノーマルタイヤで運転しないほうがいい

・エンジンの駆動方法によって運転を変えるようにする

Sponsored Link

いつも共有ありがとうございます。
FBなどでイイネお願いします!


Facebookもよろしくお願いします

コメントを残す

英語のみの投稿は制限させて頂いております。(いたずら対策)